*

ワインの産地を知る

現在では様々な地域で生産されているワイン

ワインと言えばフランスやイタリア、ドイツやスペイン等のヨーロッパの国が有名ですが、それ以外にもアメリカやアルゼンチン、チリ等でも作られています。そして、実は日本でも様々な場所で生産されています。

ワイン産地として最も有名なのがフランス

そんな中、特に有名な産地が多数あるのが、フランスです。
ボルドーやブルゴーニュ、そしてシャンパンもフランスにあります。
フランスの場合、産地によってワインの種類や味わいが大きく異なる事が特徴となっています。

フランスの有名ワイン生産地~ボルドー

特に有名なボルドーは、漠然と赤ワインが有名というイメージを持つ人も多いでしょう。
ですが、ボルドーの場合、ただの赤ワインではなく、2種類以上の品種の葡萄をブレンドして作る事が特徴となっています。
ブレンドをする事によって味に深みが出るだけでなく、ブレンドの仕方によって味の調整ができる為、葡萄の出来が良くない年であっても、比較的安定した味わいを作り出す事ができるようになっています。

フランスの有名ワイン生産地~ブルゴーニュ

 

それに対して、1つの品種のみで作る事が特徴となっているのが、ブルゴーニュです。
ブルゴーニュの中には、日本でも有名なボジョレーも含まれます。
ボジョレーは、その年にによって出来が異なるワインです。
これは1つの品種の葡萄から作られている為で、葡萄の出来によって味が左右される事になる為です。
そんなブルゴーニュといえば、赤のイメージを持つ人も少なくありませんが、白を代表するシャルドネも、ブルゴーニュ地方で作られるもののひとつとなります。
ですから、ブルゴーニュは赤も白も楽しめる産地となります。

フランスの有名ワイン生産地~シャンパーニュ地方

スパーリングワインのひとつ、シャンパンはフランスのシャンパーニュ地方で作られています。
シャンパーニュ地方以外でも、スパークリングワインは作られてますが、シャンパンと呼べるのは、この地方で作られたもののみとなります。
このようにワインというのは、同じ国でよっても、作られる産地によって味わいが大きく変わってくる事になります。
これから飲む時には、産地にもこだわってみる事がおすすめです。

 - ワインの産地