*

ワインに使われるブドウ品種

ワインに使用されるブドウ品種は多数

ワインに使われるブドウ品種はとても多く、赤ワインに使われる品種ではカベルネ・ソーヴィニヨン、メルロー、ピノ・ノワール、シラー、カベルネフラン、ガルナッチャ、マスカット・ベリーA、、ガメイ、ネッビオーロ、サンジョヴェーゼ、テンプラニーリョ、カルメネール、マルべック等があげられます。
白ワインの原料となる白ブドウの品種は、シャルドネ、ソーヴィニヨン・ブラン、甲州、リースリング、セミヨン、ミュスカデ、ヴィオニエ、マスカット・オブ・アレキサンドリア、ゲビュルツ・トラミネール、ピノ・グリージョ、マカベオ、バロミノ、フルミント等が挙げられます。
使用するブドウ品種によって異なる表情を見せてくれます。原産国はフランス、ドイツ、イタリア、スペイン、日本などを始め南半球の多くの国でも幅広く栽培され醸造されています。

赤ワインの原料としての代表的な品種

赤ワインの原料となるブドウ品種の代表はカベルネ・ソーヴィニヨンと言えるでしょう。
ボルドーの五大シャトーでつくられるワインは、全てカベルネ・ソーヴィニヨンをメインとして造られています。スパイシーでもあり、若いうちはタンニンの苦味が強いタイプなのですが、熟成する事で味に深みでてまろやかになってきます。他品種とのブレンドを行う事も多く、世界中でもっとも親しまれるブドウ品種といっても過言ではありません。

白ワインの原料としての代表的な品種

白ワインの原料として代表品種と言えるのはシャルドネです。
シャルドネは基本的に個性の弱い品種であり、味に癖が無いタイプのブドウです。それゆえ、天候や土壌の栄養、温暖である土地で育った、産地が冷涼である、発酵させる際にどのような樽を使用するかにより、出来あがったワインの味は全く異なってくるのです。また、シャルドネはシャンパーニュの原料にもなるブドウ品種でもあり、変幻自在で自ら個性を作り出せるブドウといえるでしょう。

ブドウの品種だけではなく産地によってもその味わいが異なってくるため、ワイン選ぶ際には品種と産地を確認し食事に合ったものを選びましょう。

 - ワイン用ブドウ品種